被後見人の葬儀・火葬でお困りなら大阪市西成区の葬儀社「葬優社」まで
被後見人を火葬だけをおこなう成年後見人 火葬葬儀プラン

大阪市の成年後見人が被後見人の葬儀手配

被後見人が死亡(ご逝去)された場合、葬儀をおこなう遺族・親族がおられない場合
成年後見人が、遺族にかわり被後見人の方の葬儀手配をおこなう場合が御座います。
成年後見人の方がどのように葬儀・火葬をおこなうのかご説明致します。


・被後見人が死亡(逝去)したが、葬儀をおこなう遺族・親族がいない
・火葬のみを行いたい

・病院へのお迎え、死亡届、故人の安置をして欲しい



後見人の方から、このような問い合わせが多くよせられます。
このようなご要望に対し、格安料金で火葬のみをおこなう葬儀をご提案致します。
故人様は、ご安置施設にて「お預かり安置」致します。※付き添い・拝顔は出来ません。
ご不明な点はお気軽にご相談下さい。

被後見人の預貯金で葬儀費用が支払える場合

被後見人の預貯金で葬儀費用が支払える場合のご説明です。
被後見人の預貯金で葬儀費用の支払いが可能な場合は、成年後見人の方が「死亡届の届出人」となり
火葬、葬儀をおこなうことができます。
遺骨はに関しては、遺族・親族に優先権があるため原則、火葬場に保管となります。
ただし、誓約書を記入することにより、遺骨を持ち帰ることも可能となります。



・死亡診断書の届出人
・成年後見人であることを証明する「登記事項証明書 原本」が必要


病院でご逝去の場合、死亡後に医師より死亡診断書が発行されます。
必要事項を記入いただき、その際に「登記事項証明書の原本」もお預かり致します。
弊社にて、役所 戸籍課に提出し火葬許可申請をおこないます。

葬儀費用が払えない場合

被後見人が大阪市に住民表をおいておられるなら
弊社にて大阪市葬祭扶助での葬儀申請を、役所におこないます。
葬儀をおこなう、遺族親族がいない場合、申請がみとめられれば費用負担なしで火葬ができます。
葬祭扶助の葬儀の場合は、遺骨の引き渡しが出来ません(火葬場にて保管)


・葬祭扶助申請をおこない葬儀費用免除で火葬します


葬儀をおこなうまえに必ず申請・承認を得なければなりませんので
弊社にてすべて代行手続き致しますのでご安心下さい。